【夜見の国から~残虐村奇譚~】 池辺かつみ 1巻のあらすじネタバレ・感想!無料

この記事は2分で読めます

夜見の国から~残虐村奇譚~とは

作品名:夜見の国から~残虐村奇譚~

漫画:池辺かつみ

別冊漫画ゴラクに連載されていた、漫画ゴラクらしくない残酷劇画『夜見の国から~残虐村綺譚~』。この物語のモデルは言うまでもなく、太平洋戦争中に岡山県の山間部の集落で起こった「津山事件」である。約2時間半で33人を殺した都井睦雄こそが本作の主人公・都居睦男であるということは、その名前を見ても明らかだ。この漫画、前半はネチネチとした集落の因習、ただれた人間関係をこれでもかとばかりに丁寧に描く。その間の村の者の睦男に対するイジメが最悪。心まで蝕まれていく睦男。いや、もしかしたら始めから心は……。まるで殺戮の舞台装置を作るかのように緻密に、執拗に動機を構築し、そして終盤からの殺戮が始まる。百数十頁にも及ぶ大殺戮シーンは容赦がない。血も涙もない……いや、血と脳漿と怒りが炸裂するラストに、読む者は度肝を抜かれるだろう。


U-NEXTで、人気作品をどれでも1冊無料で読むことが出来ます。
10万本を超える動画、映画やドラマ、アニメに加えて電子書籍も配信中です。
現在31日の無料お試しキャンペーンを実施していて、31日の無料キャンペーンに登録するとポイント600円分がついきてますので、有料の作品でも無料で楽しむことが出来ます!
勿論、31日間に退会すれば料金は一切かかりません。
(以下の太文字をクリックすると公式リンクに飛びます)
U-NEXT 無料で1巻丸ごと読むならこちら

試し読みは完全無料で読めます

【夜見の国から~残虐村奇譚~】のあらすじ・ネタバレ

昭和13年、岡山県の津山で、「津山30人殺し」という大量虐殺事件が起きています。

ある日、村人を殺そうと準備していた男都井睦雄は、祖母をはじめとして村人30人を次々と殺害しました。

2時間に満たない時間で28人が即死し、5名が重軽傷を負い、その後2名が亡くなっています。

犠牲者数30名は、日本の犯罪史上最大の事件です。

この作品は、この津山30人殺しを下地に作られた作品です。

 

主人公の睦雄は村の嫌われ者です。

肺病を持っていて、内気な性格の彼は他の村人から嫌われ、時には木から逆さまにつるし上げられるなどいじめられていました。

しかし、彼には死者の姿が見えたり、妄想と現実が入り混じる、危険な状況の中にもありました。

ある日、愛人の局部を切り取るという「阿部定事件」のニュースが新聞で報じられ、彼はこの事件に親近感を持ちます。

睦雄は「わしも、大きなことをやってやるんだ」と誓います。

 

彼は実際に行動に出ます。

彼は、地下足袋と軍用のゲートルを履き、詰め襟の学生服、小型懐中電灯を2本、頭に鬼の角のようにはちまきで締めます。

また首からは自転車用のナショナルランプを下げます。

猟銃、腰に日本刀一降りと匕首をもって、憎んでいる村人を殺しに向かいます。

そして彼は、ある人は頭を割り、ある人は串刺しに、あらゆる殺し方で村人を惨殺していきます…


U-NEXTで、人気作品をどれでも1冊無料で読むことが出来ます。
10万本を超える動画、映画やドラマ、アニメに加えて電子書籍も配信中です。
現在31日の無料お試しキャンペーンを実施していて、31日の無料キャンペーンに登録するとポイント600円分がついきてますので、有料の作品でも無料で楽しむことが出来ます!
勿論、31日間に退会すれば料金は一切かかりません。
(以下の太文字をクリックすると公式リンクに飛びます)
U-NEXT 無料で1巻丸ごと読むならこちら

試し読みは完全無料で読めます

【夜見の国から~残虐村奇譚~】の感想


U-NEXTで、人気作品をどれでも1冊無料で読むことが出来ます。
10万本を超える動画、映画やドラマ、アニメに加えて電子書籍も配信中です。
現在31日の無料お試しキャンペーンを実施していて、31日の無料キャンペーンに登録するとポイント600円分がついきてますので、有料の作品でも無料で楽しむことが出来ます!
勿論、31日間に退会すれば料金は一切かかりません。
(以下の太文字をクリックすると公式リンクに飛びます)
U-NEXT 無料で1巻丸ごと読むならこちら

試し読みは完全無料で読めます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。